<< 春野菜のパッパルデッレ サバイ... 鶏もも肉とゴボウのフェトチーネ... >>

蛤とグリンピースのカンパネーレ

d0138729_9482827.jpg



<材料1人分>
カンパネーレ 1袋(100g)
グリンピース 40g
玉ねぎ 40g(スライス)
無塩バター 1ケ(10g)
チキンブイヨン 70cc
蛤 100g
白ワイン 30cc
ベーコン 10g (みじん切り)
玉ねぎ 20g (みじん切り)
にんじん 20g (みじん切り)
セロリ 10g (みじん切り)
オリーブ油
EXVオリーブ油 10cc
塩・コショウ
エストラゴン 

1:塩を入れたたっぷりの湯でグリンピースをゆで、冷水にさらす
2:玉ねぎのスライスをバター(またはオリーブオイル)で、弱火で炒める
  玉ねぎがしんなりしてきたらチキンブイヨンを加えひと煮立ちさせ、
  先ほど茹でたグリンピースを半分だけ加える
3:2をミキサーにかけ、ピューレにし、裏ごして塩で味を調える
4:蛤と白ワインを入れた鍋を強火にかけ、貝の口が開いたら殻を外す(煮汁は取っておく)
5:ベーコン、玉ねぎ、にんじん、セロリをみじん切りにする
6:フライパンにオリーブオイルを入れ、5の具材を弱火でゆっくり炒める。
 火が通ったら、蛤の煮汁を加えひと煮立ちさせる
7:茹で上げたカンパネーレに蛤と残りのグリンピースをからめて、
  オリーブオイル(出来ればエクストラバージンオイル)を加え、
  塩・コショウで味を調える
8:皿にグリーンピースのピューレを丸くしき、その上にパスタを盛り付ける

【海老原シェフのプロのコツ】
★グリンピースを茹でる時、お湯の塩加減は、少ししょっぱいと感じる位にしましょう
★グリンピースは色が変わりやすいので、茹で上げたらすぐに冷水に
★ピューレの濃度の調整は、生クリームを加えると まろやかになります
 無ければ、チキンブイヨンで代用可能です
★蛤の煮汁は、塩分があるので、塩加減に気をつけて!
★エストラゴンを刻んで、散らすと風味が増します

【シェフの使った食材は?】★カンパネーレ 100g×3袋セット 630円
http://www.pasttina.com/shop/1079.html

【海老原シェフプロフィール】
海老原威郎  1970年  千葉県 生まれ
高校卒業後、外食企業入社。その後、シェ松尾(東京・青山)
OZAWA(東京・白金台)等を経て、98年に渡仏。
二つ星ジャンポールジュネにて勤務。
帰国後、都内レストラン、ホテルで経験を積み、
03年、ラ・マリージェンヌオープニングシェフを勤める。
その後、青山アン・カフェ、ザ・ハウス白金のシェフを経て
現在フリーで、料理講師、コーディネーターとして活躍中。

合言葉はモチモチ感
おいしい生パスタはパスティーナ
http://www.pasttina.com
by pasttina | 2010-03-19 09:52 | ★シェフのレシピ
<< 春野菜のパッパルデッレ サバイ... 鶏もも肉とゴボウのフェトチーネ... >>