<< 3話★ローマ王政★ポンピリウス時代 蛤とグリンピースのカンパネーレ >>

春野菜のパッパルデッレ サバイヨンソース

d0138729_101519.jpg


<材料1人分>
パッパルデッレ 1袋(100g)
ブロッコリー 3ヶ  <一口大にカット>
スナップエンドウ 2ヶ  
アスパラガス 1本 <2mmにスライス>
人参    1/3本 <2mmにスライス>
ラディシュ 1ヶ <2mmにスライス>
ベーコンスライス 1/2枚 <5mm幅にカット >
バター 10g
パルメザンチーズ      少々
茹で卵 少々 <裏ごした物>

<サバイヨンソース>
卵黄 1ヶ
白ワインビネガー 30cc
塩 ・コショウ


<作り方>
1:塩を入れたお湯で、それぞれの野菜を下茹でする。
2:サバイヨンソースを作る
  ボールに卵黄・白ワインビネガーを入れて、それを湯煎にかける
  泡立て機等を使って、充分にかき立て 塩・コショウで味を調える
3:パスタを茹で始める
4:3と同時に、別の鍋にバターを入れ火にかける
  バターが溶け始めたら、ベーコン・下茹でした野菜を入れて、パスタの茹で汁を
  少し加え、野菜を温める
5:茹で上がったパスタと野菜を絡めて、それをサバイヨンソースの入ったボール(2)
  へ入れ、軽く混ぜて、皿に盛る
6:最後に裏ごした茹で卵とパルメザンチーズをお好みで
★人参の葉っぱも有れば捨てずに,飾りつけに使いましょう

【海老原シェフのプロのコツ】
★1で野菜を茹でる際は、塩加減は、ちょっとしょっぱいと感じる位に。
  少し歯ごたえが残る位になったら、冷水へ。
★サバイヨンソースを作る時は、湯煎は弱火で、大丈夫。
 ソースはフワフワになって、角がピンと立つ位までしっかり混ぜて!
★4の時、野菜に火を入れ過ぎない様に
  茹で汁の量も少なめに、塩加減も気をつけて

【シェフの使った食材は?】
★パッパルデッレ 100g×3袋 630円
http://www.pasttina.com/shop/1078.html

【海老原シェフプロフィール】
海老原威郎 1970年  千葉県 生まれ
高校卒業後、外食企業入社。その後、シェ松尾(東京・青山)
OZAWA(東京・白金台)等を経て、98年に渡仏。
二つ星ジャンポールジュネにて勤務。
帰国後、都内レストラン、ホテルで経験を積み、
03年、ラ・マリージェンヌオープニングシェフを勤める。
その後、青山アン・カフェ、ザ・ハウス白金のシェフを経て
現在フリーで、料理講師、コーディネーターとして活躍中。

合言葉はモチモチ感
おいしい生パスタはパスティーナ!!
http://www.pasttina.com
[PR]
by pasttina | 2010-03-19 10:06 | ★シェフのレシピ
<< 3話★ローマ王政★ポンピリウス時代 蛤とグリンピースのカンパネーレ >>