<< イチゴとニョッキのデザート 春野菜のパッパルデッレ サバイ... >>

3話★ローマ王政★ポンピリウス時代

前回のお話、覚えていますか?

王政ローマ時代の初め、ロムス時代のお話でしたね。
ロムスは、サビニ人と和解し、領土を広げた矢先、
大雨の中、姿が見えなくなり…

さあ、そのあと、王ロムスはどこだ?
と大騒ぎ。いきなりいなくなったのですから、みんなビックリです。
何日待っても、王は戻らず、王は暗殺されたのではないか??
と噂が飛び交い、「犯人を探せ!」と治安は悪化。

これではどうしようもないので、新しい王を選出することに
なります。しかし、次に王の座を狙った奴が、王を暗殺したに違いない!
と誰が選出されても、疑惑ばかりが残ることになってしまいました。

ロムスには、息子がいます。当然、息子が世継ぎに…と思うのですが、
ここがローマ人のおもしろいところで、王の座は、世襲制ではないのです。
みんなでふさわしい人を選ぼうという、民主主義的な発想がすでに、
根づいているのです。ここがフランス、ドイツなどと違いますね

そこで選ばれたのが、賢者として名高かったサビニ人のポンピリウス
剣術で王を暗殺したとは誰も疑わない、温厚で且つ賢い人物が選ばれました。

このポンピリウスの時代にローマは大きく発展します。
彼は戦争を好まず、戦争防止を徹底します。
まず、農業を推奨し、部族関係なく、農業グループや職業別グループを作り、
共同作業をすることによって戦争をなくしたのです。

また、2つの顔を同時にもつ神、ヤヌスを祭る神殿をつくり、
平和な時はその神殿の扉は閉ざされ、戦争のときに扉が開けられると決めたのです。
ポンピリウスの時代、彼の願いが神に通じたのか、この扉は閉ざされたままでした。

しかし、彼の死後は、ずっとこの扉は、開かれたままに…
平和な時代は、この時期だけだったのですね…

しかし、このポンピリウス
さすが、賢者と呼ばれるだけあり、
ローマの発展に、大きく貢献した人物でした。

彼の死後は、ホスティリウスが王となります。
さあ、ローマはどうなっていくのでしょうか?
次回もお楽しみに★

参考
王政ローマ時代は7代続きます。

7人の王は以下
1:ロムス
2:ポンピリウス
3:ホスティリウス
4:マルキウス
5:プリスクス
6:トゥッリウス
7:スペルブス
by pasttina | 2010-04-08 06:36 | ★イタリアの歴史
<< イチゴとニョッキのデザート 春野菜のパッパルデッレ サバイ... >>